ブログ書く前の情報整理テンプレ「何をどの順で書けばいいのか」

整理したよ ブログ運営

ブログを書くのに、とにかくめちゃめちゃ時間がかかる。毎回書いちゃ消し付け加えては順番入れ替えやっぱり戻して…とかでなかなか投稿できず、正直しんどい。
なんとかしたくて「何をどの順で書けばいいのか」を整理してみた。

誰にどうなって欲しいか、そのためにどんな情報を提供するか

ターゲット

なるべく絞る。その方が当てはまる人に刺さるから。
ただし、ヘタに妄想で創ったペルソナを想定して書くくらいなら、身近な知り合いを想定してその人向けに書くのが書きやすい気がする。

一般的な属性

性別・年齢・職業・家族構成・収入(自由に使えるお金)など。

例:35歳男性・会社員・既婚・お腹出てきたのが気になる・飲み会は月2程度・運動は日頃してない

記事として重要な属性

趣味・趣味歴・趣味レベル・知識レベル・使える時間・使えるお金 など。

例1:趣味はゲーム・ランニング未経験・家族からダイエットしろと言われている
例2:ランニング初心者・半年・10キロ走れる・週末のみ走る
例3:ランニングが趣味・5年・フルマラソン6回経験・サブ5・月300キロ走

情報収集手段・どこから来たか

何がきっかけでググったか。

▼きっかけ媒体
ニュースで取り上げられていた
テレビ番組で取り上げられていた
ドラマなどに出てきた
CMで見かけた
本屋で見かけた
広告(駅・車内・チラシ)でキーワードを見た
雑誌に載っていた
Facebookで見かけた
インスタで見かけた
Twitterのタイムラインで見かけた
LINEで見かけた
人から聞いた(元ネタは上記のうちのどれかの可能性も高い) など

▼情報収集媒体(ググる前に利用している場合)
Twitter内で検索
Amazonで検索
楽天で検索
インスタのタグ検索
メルカリ内で検索
専門アプリ(メイクアップアプリなど)内で検索

⇒この後で改めてググる場合もある。すでに別のメディアで情報を得てからググる人は、商品名や品番、色名などで検索する人が多いと想定される。

⇒即時性のあるネタや個人の感想が気になる場合は、私自身もTwitter内で検索することが多い。商品名で検索した時にあからさまなアフィブログばっかりの場合はTwitterやAmazonレビューの方が有用なコメントがあったりもするし。

⇒ブログで商品紹介するならTwitterでも必ず商品名を入れてつぶやいておくべし。

検索ワード

ターゲットがどんなキーワードで検索するか、候補を挙げとく。
上記の記事として重要な属性何がきっかけでググったか、がキーワードになると思う。
例:「ダイエット ランニング 効果」「芸能人 フルマラソン タイム」

※私は今はブログを書きたいのであって、集客を第一目標としているわけではない。SEO的に強いキーワードありきで記事を作成したいなら、キーワード選定が手順の最初になると思う。

どうなって欲しいか

情報を得た結果の状態、取って欲しいアクション

▼自分の興味を満たすための情報
⇒知って満足(ここで終了⇒関連記事へ移動)
⇒知って満足・他の人に伝えたい(ここで終了⇒シェア)
⇒さらに情報を得たい(⇒関連記事へ移動)

▼自分の行動を決めるための情報
⇒何を買うか決定できる(⇒購入・予約)
⇒何をするか決定できる(⇒行動)
⇒決定できない、さらに情報が必要(× ⇒再検索・別メディアに移動)
※情報を充実させるか、別の関連記事への誘導が必要

情報(疑問・その時点で知りたいこと)=目次

最初にググってる時点では、自分が何を知りたいかを明文化できていない(最終的に欲しい情報を得るための確度の高い検索ワードを入力することはできない)と想定。

よって、同じ属性・困ってることが同じでも状況(その時点で知りたいこと)が異なるなら記事を分ける。

▼だいたいみんな一緒の要望

「〜って何?」
⇒〜とは何かを知りたい
⇒〜の解決方法を知りたい
⇒〜にどんな種類があるか知りたい
⇒〜が欲しいけどどう選べばいいかわからない
⇒○と△のどちらがいいかわからない
⇒〜をやりたいけど方法がわからない

▼価値観や状況によって異なる要望

安く手に入れたい←→高くても手に入れたい
ポイント貯めたい←→どこで買ってもいい
中古でもいい←→新品でないと嫌
早く手にいれたい←→安くなるなら待てる

⇒安く手に入れられる方法を知りたい など

下書きを溜めるのはもったいないので1時間で投稿する

リライトすればOK。
溜めといたところで誰の目にも触れないくらいなら投稿してしまう。
…くらいの気持ちで投稿したい。(あれ)

とはいえ上記の「誰にどうなって欲しいか、そのためにどんな情報を提供するか」に沿って埋めようとしたらそれだけで余裕で一時間かかるかも。

※クオリティ低い・アクセスが全然ない記事はSEO的にはサイト評価が下がるという話は聞いたことがあるので、この方針は暫定。

画像作成

写真撮る
トリミング(基本16:9)
色調整
モザイク・不用物除去
文字入れ
メディアにアップロード
タイトルと代替テキストを設定

投稿前チェックリスト

推敲

できるだけ簡潔に

1文章に読点は2つ以内

1段落はPCで見て3行以内(スマホで見た時に5行以内)

読み方に迷う漢字を使うならひらがなに

頭の中で音読してみる

誤字脱字

キーワードチェック

タイトル・導入文(メタディスクリプション)・目次の中にキーワードが入っているか
⇒タイトルか導入文の中にキーワードが入っていなければ、本文内で濃く書いてあってもクリックされない気がする。

メタディスクリプション編集

導入文と同じならそれでOK。

カテゴリを選ぶ

タグをつける

ある程度記事数が増えたらタグ整理すればいい。
何もタグないと整理しようがない。
ので迷ったら多めにつけておく。

パーマリンクを英語に変更

複数単語はハイフンでつなげる

アイキャッチ画像を設定

投稿

投稿

投稿日時

Twitterコメント

メタディスクリプションは読めるので、重複するのはもったいない。

コメント